コラム

2010/9

家庭で出来る温暖化対策!?

家庭で出来る温暖化対策!?

唐突に私事で恐縮ですが、私は猫と暮らしています。ブルーグレーの毛皮にエメラルドグリーンの目の持ち主。飼い主自らが言うのもなんですが、なんとも美しいイケメン猫。この猫、お澄まししていると、とっても高貴に見えるのですが、暑い日々が続くこの季節は、あられもない姿となります。

しかし、これぞ家庭における地球温暖化対策!!

暑さを凌ぐ工夫をすることで、少しでも冷房の温度を上げ、消費電力を抑える。こうした地道な努力が、今、一市民としての私たち一人一人に求められています。

地球の温暖化問題が指摘されて久しいところですが、その原因となる温室効果ガスの1つである二酸化炭素排出量をみると、日本全体で1,214.4百万トン。そのうち家庭からの排出量は171百万トン、その割合は14.1%と少なからずあります(2008年値。出典:温室効果ガスインベストリ。以下、同年データ、同出典。)。産業部門34.5%、業務部門19.4%、運輸部門19.4%に続く割合であり、製造業における生産過程から排出される割合(工業プロセス4.1%)よりも多いのです。しかも排出量の推移をみると、産業部門(1990年482百万トン→2008年419百万t)は減少傾向にあるなか、家庭部門は1990年に127百万トンであったのが、2008年には44百万トンの増加がみられます。

こうした現状を見るにつけ、家庭の責任も重いことがわかります。

産業部門では、大企業を中心に経団連の自主行動計画による削減目標を掲げ、日夜削減の努力がなされているようですが、家庭部門は一人一人の自主性、意識に任されているようです。そのため、毎日の暮らしのなかでのちょっとした心がけが期待されています。

全国地球温暖化防止活動推進センター(※)が『私たちができること-うちエコ!アクション-』というスローガンを掲げ、家庭での温暖化防止対策を推奨しています。「夏の冷房時の設定は28℃に」「冷蔵庫にものを詰め込み過ぎない」「シャワーの利用時間を1日1分短くする」など、“リビングで”、“キッチンで”、“お風呂で”すぐに取り入れられることばかりです。

今年の夏は、連日35℃を越える猛暑。冷房の設定を28℃にしても体感としてはかなり暑いですね。そういう時こそ、うちの猫のような工夫はいかがでしょ!

さすがにあのようなあられもない姿は・・・と、憚れるという方もいらっしゃるでしょう。そこは、ちょっと一工夫いただいて、暑い今年の夏を28℃の冷房設定でも快適に乗り切っていただければ、家庭部門からの温室効果ガス排出量の削減に少しでも貢献できるのではないでしょうか。

9月となりました。夜には鈴虫の音も聞こえて来ますが、まだまだ暑い日が続くようです。

こうした猛暑の日々だからこそ、少しばかり、地球温暖化対策に心を留めていただくのもよいかもしれません。

(※)全国地球温暖化防止活動推進センター
平成11年4月8日に施行された「地球温暖化防止対策の推進に関する法律」に基づき設定されたもので、地球温暖化対策に関する普及啓発を行い、地球温暖化防止に寄与する活動の促進を図ることを目的としている。

萩原利香
調査局
専門:PFI、環境


ページトップへ